黒革の手帖の2004 米倉涼子の動画とネタバレ

黒革の手帖、今までに何度もリメイクされていますが、前回の2004年では、

米倉涼子さんが主演してました。

その時の、あらすじをネタバレと、動画を見る方法についてお伝えします!

黒革の手帖(米倉涼子)のネタバレ

米倉涼子演じる主人公元子は、支店銀行のいかにもっていう地味な銀行員でありながら、夫に苦労し亡くなった母親の借金返済のため、

夜は銀座のホステスとして働いていました、とここまではありがちなストーリー。

元子は、銀行員の仕事に集中しすぎたため婚期を逃し、独身で30を超えた地味な銀行員ですが、

ある時から、銀行のお金を横領をはじめます。

スポンサーリンク

横領金でスナックバー『カルネ』を開く

 

銀行で働く元子が目にしていたのは、大金を預けに来る客と自分の人生とのギャップ。

派遣切りの噂がささやかれる頃、心に秘めていた計画を元子は実行にうつします。

銀行の架空口座預金の名義人リストを黒革の手帖に写した後、その多額のお金を横領したのでした。

違法口座ゆえに公表できない銀行を相手にまんまと大金をせしめ、和服姿に驚く何も知らない同僚をしり目にさっそうと銀行を後にする元子。

銀行での行員による横領は、現実の世界でも後を絶ちませんので、この辺りはディフォルメした実話な感じのストーリーです。
横領したお金を元手に銀座で自らのクラブ「カルネ」をオープンし、「お勉強させていただきます」を口癖に、持ち目の美貌と客あたりの腰の低さで成功を収めていき、男に捨てられ困窮していた波子を拾いホステスとして加え、カルネは順調でした。

ところが、常連客と懇意になった波子が裏切り、元子のカルネと同じビルに斬新で趣味の良い店を出してしまいます。

今で言う波子にキレた元子は、黒革の手帖のリストに記された波子の常連客を脅すことにより、波子をタタキ潰すことに成功します。

黒革の手帖のメインテーマの一つ、女同士の戦いが痛快に描かれています。

普段女性は銀座の一流クラブに行きませんから、映像がきらびやかでひたすら興味深いです。

スポンサーリンク

ロダン買収編

さらに元子は銀座の有名店「ロダン」が売りに出されていることを知り、自分の野望を果たすために、ロダン買収のためのターゲットを黒革の手帖を使って探し出していきます。

そのような中、議員秘書の安島と出会って恋心を抱くようになっていきます。

しかし元子には総会屋の罠が仕掛けられ、ロダン買収まであと一歩というところで、無一文になってしまいます。

借金取りに追われる元子を救ってくれた安島の子供も妊娠していたことに気付くも流産してしまうなか、総会屋を逆手に脅すことで何とか窮地を逃れつつ、選挙に出馬し当選を果たした安島との手切れ金も手に入れ、ロダンを買い戻すことに成功します。

満面の笑みを浮かべて勝ち切った元子の一方、波子は警察へかつて元子の部屋に泊まった際に黒革の手帖を見たことをタレコミ、警察は元子を検挙するべく動きます。

肝心の黒革の手帖は、総会屋に盗まれていますが…。めまぐるしいストーリー展開でワクワクします。

松本清張の本は暗く重苦しいイメージに満ちていますが、堅固で緻密なストーリー展開で、脚色・役者でこれほどビジュアル的に面白くなるのか、と感心あるのみ!

黒革の手帖 米倉涼子の動画を見る方法

米倉涼子主演の黒革の手帖のDVDは、ツタヤディスカスで無料視聴できますよ♪
無料お試し期間中に、自宅のポストまで無料で米倉涼子の黒革の手帖のDVDを郵送してもらいましょう!

詳しくはこちら!

>> ツタヤディスカスで米倉涼子の黒革の手帖を無料で見る!

 

⇒ 米倉涼子主演の黒革の手帖の結末の詳細

⇒ 黒革の手帖(武井咲)を見逃した方はこちら

⇒ 原作の安島は結構極悪非道だったw

スポンサーリンク