仮面ライダービルド見逃し配信10話(11月12日)

この記事では、ドラマを見逃してしまった人のために、

ドラマのあらすじ感想、そして見逃し配信動画を見る方法についてお伝えするよ!

仮面ライダービルド10話のあらすじ

 

研究所からパンドラボックスを奪う計画を立てた幻徳のもと、セキュリティロックが解除されスターク達が侵入し襲撃を開始。

3国の首相達が一同に会しパンドラボックスの視察に来ていたが非常事態に陥っていく。

 

一方、神社の境内で難波会長がくつろぎながら紗羽に語る。

 

難波「うちで造ったガーディアンは信号を入れればファウストのメカにかわるように細工してある……

あれはもともと犯罪を抑止させるための処刑マシンだからな」

 

紗羽「東都政府もお手上げでしょうね」

 

難波「パンドラボックスが盗まれたとなれば北都も西都も黙ってはいまい、おそらく戦争の準備をはじめるはずだ」

 

紗羽「そこで、平和主義の東都政府も仮面ライダーシステムを採用せざるを得なくなる、それが難波会長が描いた絵ですか?」

 

難波「……どうかな」

 

 

 

戦兎から緊急連絡を受け、研究所に向かった龍我は東都政府の警備員と入れ替わり内部へ侵入する事に成功した。

 

スタークは3国首相達を前にわざとに丁寧に挨拶をし、パンドラボックスを奪い去る。

 

後を追って龍我が呼びとめる。

ドラゴンフルボトルを握り戦うが研究員の河合がスマッシュとなり立ちはだかった。

 

 

幻徳は防犯カメラを壊すスタークを見てパンドラボックスを奪い占める企みを見抜き、阻止へと動く。

 

幻徳「逃走ルートが予定とちがうなぁ」

スターク「道に迷ったんだよ」

 

幻徳「その割には防犯カメラを撃って自分の姿を見せないなんて用意周到じゃないか」

 

バットフルボトルを装填。

幻徳「ジョウケツ!……パンドラボックスを返してもらおうか」

スターク「断ったら?」

ロ―グ「ん~―――――」

 

唸り声に近い苛立ちをあらわに刃を向けるローグ。

 

ロ―グ「裏切り者は許さん!!!」

 

 

 

 

そこに「間にあった!」と屋上に登場する龍我。

 

 

 

スターク「スマッシュはどうした!?」

龍我「ぶったおした!!!成分は抜きとってないけどな」

 

人間が倒したことを信じられず驚くロ―グ。

スタークは笑いを抑えられず嬉しそうにしている。

 

龍我「さあ第2ラウンド!始めようか―――!!!!」

 

 

 

スタークは手合わせをするように龍我と戦闘。軽々と龍我を打ち飛ばす。

 

 

そこにホークガトリングフォームのビルドが参戦。

 

ビルド「クライマックスには間にあったようだな」

龍我「おっせーんだよ!」

ビルド「贅沢言うな」

 

そう言って倒れている龍我に手をさし出し、がっしりと手を握り合う2人。

 

ビルド「さあ実験を始めようか」

 

ベストマッチの「ライオン×掃除機」ライオンクリーナーフォームにチェンジ!

 

ビルドはロ―グと龍我はスタークと戦闘開始。

 

スタークは龍我の連続パンチを受けながら「来い、もっと来い…だが、お前ごときに俺が……」と言った矢先に強烈な良いパンチがくりだされ予想外のダメージに驚く。

 

スターク「どうなってる?」

次第に威力が増している攻撃に戸惑いを見せていた。

 

一撃がスタークをはじき飛ばし後退させるまでになった龍我。

 

スターク「ウハッハッハッ…!ハザードレベル3.0!ついに覚醒したか!!!万丈―――!!!」

待ちに待った瞬間だと言わんばかりに大喜びする。

 

 

 

ビルドはベストマッチ「ハリネズミ×消防車」のファイヤーヘッジホッグフォームにチェンジ!

ロ―グを追い詰める。

 

 

スタークは龍我をボロボロになるまで攻撃の手を緩めない……。

龍我のピンチに気付いたビルドは狙いをスタークに変更。

 

ヘッジホッグの針から脱したロ―グの反撃を受けながら、スタークからの反撃でロ―グもろとも大ダメージを受けたビルドは変身がとけてしまう。

 

好機と見たスタークはパンドラボックスを奪い去るのだった。

 

ローグはスタークへの怒りを抱きつつ散乱したビルドのフルボトルを回収し始め、ゴリラボトルを手にした時、龍我の恋人香澄の最期を嘲笑した。

 

ローグ「このボトルを使ってアイツの女を倒したよな~思い出すよ……彼女の儚い最期を」

 

怒りを隠せない龍我にクロ-ズドラゴンが近寄る。

 

美空から聞いた「戦兎の香澄への贖罪」を想う龍我は、力を振り絞り、大切な形見であるドラゴンボトルを戦兎に届けるようクロ―ズドラゴンに託した。

 

クロ―ズドラゴンが渡したのは「ドラゴンボトル」と「錠前ボトル」

龍我は戦兎を真っすぐ見つめ懇親の一言を放った「後は任せた!!!」

 

 

戦兎は力強く立ち上がる!

 

《ドラゴン×ロック ベストマッチ♪!!》

 

[Are you ready?]

ビルド「変身!!」

 

[空腹のファンタジスタ! キードラゴン! yeah!]

 

龍我「よりによってベストマッチかよ」

(「香澄……サンキュ―」……)

 

 

打撃力が格段に高いフォームなのか、ロ―グはたじろぐ。

ロ―グ「なんだ!このパワーは!」

 

ビルド「アイツに託されちまったからには負けるわけには行かねーんだよ!」

 

左腕からチェーンが飛び出しローグを拘束。

右腕から青い炎の玉を生み出し必殺技が炸裂。

[ ボルテックスフィニッシュ yeah ]

 

ロ―グ「un――――!この借りは必ず返す!」

黒い霧とともに消えた……。

 

 

突然、拒絶反応のように電撃が走り苦しむビルド。

慌ててボトルを抜きとり解除された。

 

 

龍我「科学の力がどうとか、そういう事はよく分かんねーけど、俺はお前の事なら……信じられる……」

戦兎「……サイアクだ!俺も同じこと思っちまったよ」

 

2人は一時の確執を乗り越え、絆を深めたのだった。

 

 

 

 

河合スマッシュは打ち倒されるもスタークに呼びかける。

 

河合「葛城さん!!……ですよね?」

 

 

ちょうど駆けつけ聞いてしまった戦兎は目を丸くする。

 

河合「葛城さんはあんな事件で死ぬ人じゃない!何か考えがあってそんな姿で居るんですよね?」

 

 

スターク「葛城巧は死んだ」

河合「違う!!葛城さん程の天才なら今のテクノロジーを駆使して遺体の偽装くらいできるはず!」

 

スターク「なるほど……?こんな風にか?」

 

片手を河合の顔に当てると白い煙が発生し桑田の顔に変わった。

 

不敵な笑いを浮かべ、メカのロボで逃走するスターク。

 

 

ラビットタンクフォームで後を追ったビルドは、バイクを上手く使って見事倒し、訊ねた。

戦兎「お前が葛城巧なのか?……どうして殺人を偽装した?どうして万丈に濡れ衣を着せた?どうして俺の体にガスを注入した!!?」

 

怒りを抑えられない戦兎。

 

スターク「聞きたいのはそんなことか?天才物理学者~」

 

戦兎「ライダーシステムは防衛目的の為じゃなかったのか!!??

人類の未来の為に造ったんじゃなかったのか!!!!?

科学者の理念を見失ったか!!!!!?」

 

胸倉をつかみ怒りと悲しみをぶつける。

 

 

スターク「勘違いするな…ライダーシステムは多くの血が流れることを想定して作られた軍事兵器だ!

科学者の理念!!?そんなものはエゴに過ぎない……、

 

お前だって分かってるはずだ、科学の行きつく先は破滅だと言う事を

科学が進歩すればそれだけ人間は退化し、環境は破壊され、世界は滅びる!!!」

 

 

戦兎「そんなことはない!!!科学は正しいことに使えば必ず人を幸せにできる!!!」

 

スターク「なぜそう言い切れる?お前は誰も傷付けてないとでも言うのか」

 

 

次の瞬間、背後からの襲撃を受ける戦兎。ロ―グだった。

 

戦兎は倒れ、スタークは離反を匂わせておきながら、「俺達の帰る場所はひとつだ…」とパンドラボックスをロ―グに渡す。「それでいい」と突き飛ばしながらも受け入れるロ―グだった。

 

 

研究所では、2国首相がパンドラボックスが盗まれた事態を責め詰め寄るが、ショックから氷室首相は心臓発作を起こし倒れてしまう。

 

 

ナシタラボでは美空が変換装置の階段下に盗聴器を発見。

 

 

また、ロ―グは戦兎から残されたボトルも奪う。

しがみつく戦兎を蹴飛ばし笑いを響かせ去って行った。

 

 

研究所に戻った幻徳は、ストレッチャーで運ばれる父から不在中の東都を託され、目を見開き常軌を逸したような怪しい笑いを見せる。

 

東都の実権を握った幻徳は、はたして何をするのか……?

 

次週も目を離せない!!!

 

 

 

 

仮面ライダービルド10話の感想

 

葛城の科学への想い、人類への貢献、進歩への評価をする戦兎と

自分たちの置かれた境遇、恋人を失った想いを抱き怒り衝突していた龍我だったけど

理解し合い、信じ合い、打ち解ける事ができて良かったね!!!

 

「お前の事なら信じれる」って最高の言葉だもん。

 

戦兎が、龍我に背中を向け歩き出しながらほほ笑んでいる所!!

 

あれは強烈にキュンポイント♡でしたよん。

 

映像としては、結構遠目なんだけど……ね。

 

でも~、その微かな場面に垣間見れるキュンに、「あ、今の…!」とときめく訳ですよ。ハイ。

 

龍我は「戦闘シーン」また輝いていましたね。

身のこなしが抜群でカッコイイ☆

あんな風に体を使いこなせるなんて羨ましいナ。

 

 

 

そして!紗羽さん!!!もう顔があやし~よ(悲)

美空ちゃんと恋バナしてた紗羽さんはどこ行った?

ラボの盗聴器もアンタなの?もうアンタ呼ばわりしちゃうわよ。

綺麗な顔してもう!!!

 

え~ん(T_T)

 

でも、でも、何か色々でやっぱりビルド達側でした。チャンチャン♪ってなってほしいの。ホントは。

わかる?紗羽さん、ネエ聞いてる~?

 

あのやさしいお姉さんの紗羽さんでいて~。

 

<m(__)m>

 

それから☆★!

スタークの正体が葛城である可能性が高いってことでしょ!?

 

あの「母へのアナグラムメッセージ」に号泣した私は葛城が生きていて嬉しいのだけど……。

 

パンドラボックスの影響か本心が見えてこなくて喜んでいいのか微妙な感じ。

 

ほんとに葛城巧?

 

スターク!声、おじさんだよ?

 

……おじさんだよ?

 

完全に渋いイイ声♡のおじさんなんだもの。

 

 

あ~、声も科学の力でかえれるのか☆

 

科学ね~、葛城巧は天才か。

顔を変えてしまったのにはビックリだわさ。

 

煙がシュワワワーって

河合が「ウワ―」って苦しんだと想ったら…あっという間に桑田になるなんて。

 

どんな最新科学の特殊技?

 

 

それに、幻徳も東都政府を任され、権力と野望に取りつかれた狂人になってしまうのかしら。

ヤバイ顔してたよね。

 

 

ボトルも全部持っていかれたってことになる?

ちょ~っと!!どうするの?

 

いやーん。大ピンチ☆↓↓

 

 

戦兎君、龍我君、頑張って♡

 

予告にもあった新ライダー「仮面ライダークロ―ズ誕生」に胸が高鳴るよ♪

カ~ッコイ~。

 

ビルドも新フォームが毎回観れてホントにワクワク(^.^)

今回は「ドラゴン×錠前」のキ―ドラゴンフォーム。yeah☆

 

全部GOOD☆

久しぶりのラビットタンクもステキだったわ。

 

シリアスな緊張も、楽しいワクワクも、ときめきのキュンもあってイイね。

 

次週も楽しみ♡

 

仮面ライダービルドの動画全話を無料視聴

仮面ライダービルド動画見逃し配信無料

関連記事

>> 仮面ライダービルド 全話のネタバレ感想まとめ 更新中

>> 仮面ライダービルドのベルト・おもちゃ・DVDなど最安値情報