仮面ライダービルド見逃し配信9話(10月29日)

この記事では、ドラマを見逃してしまった人のために、

ドラマのあらすじ感想、そして見逃し配信動画を見る方法についてお伝えするよ!

仮面ライダービルド9話のあらすじ

葛城が残したメモリ―には「 SECRET PROJECT BUILD」の情報が映像で残されていた。

「プロジェクト ビルド」とは

究極の防衛を目的としたライダ―システムのことであること

無限の可能性を秘めていること

葛城は説明事項と共に笑顔で語り、記録を残していた。

 

ベルトも葛城が作っていたことに驚くが、マスターはベルトをパネルと一緒にファウストから盗ってきたこと、自分は変身出来なかった事を教えてくれた。

戦兎「ハザードレベルが基準値を越えなければ変身できない」

マスター「ハザードレベル?」

ネビュラガスの耐久力を幾つかの段階に分けたもの。

  1. 注入後死にいたる~レベル1
  2. 異形の怪人、スマッシュになる~レベル2
  3. レベル2を超えるごく少数が、ガス注入後も人間の姿のままでいられる。

 

ハザードレベル3以上で変身可能。葛城やファウストは人体実験でライダーシステムの「資格者」を探していたのだ。

龍我「許せねー、俺をモルモットにしただけでなく、香澄の命を奪いやがって!!葛城は人を人と思ってねーんだよ、そんなヤツは殺されて当然だ!」

戦兎は、副作用を無視して人体実験したことは問題であるが、科学の発展という観点で言えば功績は大きいと評価する。

葛城を擁護する戦兎を理解できない龍我は怒りがこみ上げる。

 

龍我「仮面ライダーだって、マスターがパクんなきゃただの殺人兵器だったかもしんねーだろ!?」

戦兎「化学を軍事利用しようとするのは周囲の思惑だ!科学者の責任じゃない!」

悪魔の科学者の肩入れするのか、俺の冤罪となんも関係ないと思いをぶつける。

 

そこに「チ―ン!!!!」と錠前ボトルが完成。

龍我「なんだんだよ!!お前ら!!!」

美空と戦兎は意味ありげな顔。

 

 

銭湯で、幻徳と難波重三郎が面会(難波重工 会長)する。

難波「首相は説得できたか」

幻徳「それがまだ」

 

ライダ―システムを使った戦争が目的か?一刻も早く東都首相を説得できなければ、技術や情報を北都や西都に流すと脅される幻徳だった。

 

戦兎は研究所で「科学者は理解されにくい職業だ」とぼやく。

葛城巧は悪魔の科学者だったのかと話題に出すと「それは違うよ~!!」と研究員・桑田真吾がつかさず話しだす。

桑田「そんな風に言うのは科学を否定する無知な人間達だ、あの人は間違いなく天才だ!!」

 

そこに、内海からの依頼。

明日、三国の首相がパンドラボックスの視察にくるので、明朝までに研究の成果をまとめること。徹夜で取りかかれとのお達しである。

 

ナシタでは龍我と美空がワンセグ鑑賞。

龍我「きのう、俺達のケンカを止めるためにあのタイミングでボトルを爆発させたんだろう?」

美空「たまたまだし……」

 

龍我「前から聞きたかったんだけど、外に出たいとか思わないの?こうゆう洒落た店行きた~い♪とかないの?」

美空「出たらまた捕まるし」

龍我「……よし!!行ってみるか」

 

と決めポーズする龍我に冷たい目の美空だった。

 

学ランのヤンキーとセーラー服の眼鏡っ娘に変装して町へ繰り出す2人。

お店や洋服をみてテンションが上がる美空を龍我ほほ笑んで見ている。試着のファッションショーにスイ―ツ。バッティングセンター。

ウキウキ楽しむ美空だが、「声」でみーたんファンにきづかれ逃げるのだった。

 

 

龍我「あーぶねー!もう少しで絶対会えないアイドルじゃなくなる所だった」

美空「けど楽しかった―――!!こういうの初めてだったから」

 

龍我「うそつけよ!恋人の1人や2人いただろ」

美空「ううん、あたし、ずっと寝てたから、7年くらい?」

 

 

スカイウォールの惨劇のあと気を失って、それから7年間ずっと昏睡状態だったと明かす。

龍我「相変わらず、ズシっと来る話をサラっと言うな……てか。何があったんだよ?」

 

美空「私もよく覚えてな~い、目が覚めたらコレがついてて、全然外れないんだよね……、このせいでボトルが浄化できるようになったんだけど、戦兎が変換装置発明してくれるまで、それこそ1本浄化したら1週間寝ちゃうペースで……、ま、いまでも眠くはなるんですけど~」

 

美空「そんなんだから、ずっと普通の女の子の生活に憧れてた……」

龍我は霞とのデ―トの思い出話をする。

 

龍我「だからこそ!香澄をあんな目に遭わせたファウストが許せねー、人体実験を考えた葛城も同じだ、なのに戦兎の野郎……あんなヤツを庇いやがって」

 

 

そんな矢先、美空を捕えるためファウストが出現。龍我は美空を逃がし戦闘。

戦兎に至急連絡するがナイトロ―グが登場し「もうタイムリミットだ」とせまる。

「戻りたくない」とローグを怖れ見つめていた美空は瞳が赤く反応した瞬間気絶してしまった。

 

龍我はロ―グに殴りかかるが生身の体では太刀打ちできない。

そのピンチにスタークが割って入る。

 

 

スターク「俺に内緒で勝手な真似すんなよ」

 

そのすきに龍我は美空をかついで逃走。スタークも後を追わせない。

 

美空をかついだままファウストに囲まれた龍我だったが、ニンニンコミックフォームのビルドが駆け付け救出。

ビルド「は~っ……何やってんだよ」

龍我「うるせー」

 

ファウストアジトではローグとスタークの話し合い。

スタ―ク「なるほど、珍しくあせってるのは難波重工のせいか……」

 

ライダーシステムが他国へ流出するのは防ぎたい幻徳は、研究所からパンドラボックスを奪い、戦争の火種を作れば、親父も思い腰を上げるはずだと企む。

 

東都政府では各首相が集まる予定。

徹夜で作業した戦兎は「さすがにしんどい」と言いながらソファで寝ころぶが、桑田が怪しげに何かを肩から下げ行動している所を見かけた。

 

所員をガスで眠らせ、システムにアクセスしようとしている桑田に声をかける。

 

桑田「今こそ、革命の時!」

目の前でスマッシュ化し暴れ、屋外に飛び出した。

 

タカ&ガトリング、ベストマッチ!

ホークガトリングフォームで桑田を追いかける。

 

 

ナシタのラボではベッドで休んでいた美空が目を覚まし、喜ぶ龍我だったが

「戦兎は?」と尋ねる美空に「やっぱお前が呼んだのか」と怒る。

 

戦兎と仲直りしていない龍我に美空は伝える。

 

美空「私、戦兎に救われたの!この力のせいでファウストに無理やりボトルの浄化させられて、お父さんに助けてもらってからもしばらく怖くてこの力使えなかった……、

そんな時に戦兎が言ってくれたの。

私が浄化したボトルがあるから仮面ライダーは正義の味方として沢山の人の明日をつくってあげられるんだ。だから有り難うって

そのドラゴンだって……戦兎が万丈の為を思って作ったんだよ、万丈の道しるべになるようなアイテムにしたいって

【おれのつとめは、万丈の冤罪をはらすことだけじゃない、アイツを正しい所へ導いてやんないと】

それが香澄さんを死なせてしまった自分の贖罪だって」

 

龍我「死なせた……?アイツは何も悪くないだろ」

 

美空「それが戦兎なんだよ、戦兎は科学の力を信じてる、だからこそ葛城巧を責めるんじゃなくて、それが正しいことに使われなかった現実をなんとかしたい!そう思ったんじゃない?」

 

 

 

桑田スマッシュを前に「ようやくコレの出番か!」「さあ実験をはじめようか」とビルドは新フォームに変身。

 

[ ライオン!掃除機!Are you ready?   雷 サイクロン ライアンクリーナー]

ビルド「勝利の法則は決まった」

 

サイクロンで吸いながら強烈な火炎放射で倒した。

成分を抜き取ると桑田は「ここは?」と記憶があいまいな様子だが、「僕は目的を達成したか」と満足げ。

 

ビルド「目的?」

 

 

桑田「僕の役目はパンドラボックスを奪うために君を研究所から遠ざけること」

ビルド「なに!?」

 

桑田のほかにも同志がいるらしい。河合が桑田の仕事を引き継ぎアクセス。セキュリティロックを解除し、スターク率いるファウストの軍勢が侵入可能となった。

 

 

 

さらに、難波会長の横には紗羽の姿が……。

ビルドの写真をみせ情報提供している。

 

桑田は自分の役目が終わったと言い、最後に「葛城巧は生きている」と伝言。

 

そのままネビュラガスを浴び消滅した。

 

 

仮面ライダービルド9話の感想

 

 

葛城巧は、ナイスなカメラ目線で映像伝言を残してくれていたね(^^)

【究極の防衛システム】って言ってたよね。守りに使いたかったってことでしょう?

 

幻徳達の利用目的と葛城本人の目的はちがうんじゃないかな。極端にいえば、悪事利用と平和利用とか?

 

 

科学の良し悪し、使う人間によってという事もわかるな~。

 

戦兎が純粋に科学を愛し、「使い方」次第、「使う人間の心」次第だと思うのも納得出来るよ?ね?☆

 

実際に誰かの為に「科学」の力と「頭脳」「技術」を戦兎は駆使して人助けしてるんだもの…。

 

そして!!!

 

今回は美空ちゃんの秘密に触れられた回だったね。あのブレスレットの事もで出てきた!

目が覚めたら付いてたって…!!!!!!

 

7年も昏睡状態って……(/_;)

大変だったね。つらかったね。

 

龍我が外に誘い出してくれたこと、本当に喜んでいて可愛かった~。デ―トみたいだったよね♡

美空ちゃんを優しく見ている龍我、カッコよかったな☆

 

 

戦兎は「平和利用」できる心があるってそう感じたから葛城の母もメモリーを渡したと思うし。

 

研究員の桑田は消滅の道を選んだけど、笑ってたし、後悔もしてなさそうだった。

彼も純粋に科学を愛してたんだろうなと思う。

 

重大発表してたよ

葛城巧は生きている!?

 

じゃあ、殺人事件は偽装?死んだと見せかけて裏で何かをするため?

ん~わかんない。

 

それに紗羽さん、なんなん!?

スパイ?

え?なんなん!?

 

それも知りたい。

スターク!今日もありがとう、助けてくれて。

 

 

龍我のハザードレベル上昇を楽しみにしてるってことだよね?

それって、「新ライダー誕生」だからでしょ。私も楽しみ。

 

 

今回のキュンポイントは、ハイ♪戦兎君(ビルド)の声☆

 

美空ちゃんと龍我を助けに来て

「はぁ~…何やってんだよ」

ってあの声☆!!

 

(お前の気持ちはわかってけどよ、でもよ、何やってんだ)ってあきれつつ有無も言わず助けにきてくれたかっこよさがにじみ出てマス♡

 

 

今度、美空ちゃんと男2人の3人デート、見てみたいなって思ったわ。

 

いろんな表情や仕草、もう注目しちゃう!♪

 

ストーリーとしては新たな真相、気になります。来週も乞うご期待♪

 

仮面ライダービルドの動画全話を無料視聴

仮面ライダービルド動画見逃し配信無料

関連記事

>> 仮面ライダービルド 全話のネタバレ感想まとめ 更新中

>> 仮面ライダービルドのベルト・おもちゃ・DVDなど最安値情報