ドクターX5 見逃し配信1話 大門未知子と患者ファースト?!

この記事では、ドラマを見逃してしまった人のために、

ドラマのあらすじ感想、そして見逃し配信動画を見る方法についてお伝えするよ!

ドクターX5のあらすじと感想1話

始まった!待ってた!「私、失敗しないので」ってスカッとかっこいい、できる女、大門未知子!!新しいシーズンではどんなかっこいい大門未知子が見られるのか、本当に楽しみ!!

今回の始まりは大門さん。崖を登ってる!ボルダリング?本当の崖を登って、頂上でやっほー!!ってして、露天風呂に入って、のびのびーってして満喫しているところに入ってきたおじさん(夷子さん)

「えっ混浴?」って聞く大門未知子におじさんは「いえ、男湯ですよ」って言ってお湯に入ってきちゃったから、大門未知子は「ひゃーっっ!!」って叫んで、大きく腕ででバツってしてる。

ド田舎の路線バスに乗ってる大門未知子。隣にはさっきの露天風呂のおじさんがぴったり座ってて、「いくらだったら愛人になってくれる?」とか聞いてる。キモい。。「なるかっ!!」って、大門未知子が突き飛ばしたらバスがだいぶ揺れる

おかしいと思って、揺れるバスの中必死で大門未知子が運転席見に行くと、運転手が意識なくしてる。大門未知子がおじさんに「救急車!!」って叫んで、ハンドル握って何とかバスを停める。

なんとか広場に突っ込んで停めた大門未知子は、バスの運転手が心肺停止している事に気づく。懸命に心臓マッサージしていると赤い車が通りかかり、車の前に飛び出して停めた大門未知子。

「急患なの、乗せて!!」と言うが運転していた女は窓を閉めて行ってしまう。また懸命に心臓マッサージを始めて、「戻ってお願い。」とつぶやきながら続けていると、「うーん。。」と苦しそうに運転手の意識が戻りかけたところ、バンの車に乗り換えたさっきの赤い車を運転していた女が戻ってきた。

「ふもとに病院がある、この車で運んで。」大門未知子は「あんた、さっきの・・」ふもとの病院に運び込んだ大門未知子に、そこの医者(田中圭)が興奮して「大門先生⁉︎帝都医大第三分院でご一緒だった森本です!なんでこんなところに…?」とまくしたてるが、

大門未知子は「心肺再開後ショック状態心タンポナーデの疑い、処置室どこ?」と全く興味を示さない。エコーで診て「心嚢液貯留オペするよ」と言い放つが、  森本は「ここには医者は僕だけだし、オペ室もない、無理です」と言う。

大門未知子は「今オペしないと死ぬよこの患者。オペはここでもできる」と全く意に介さない。「かんべんしてくださいよ、なんかあっても責任取れませんよ」と言う森本に、これまたおかまいなしに 「剣状突起下アプローチ局所麻酔準備急ぐよ」とつっぱねる。

ずっとその様子を見ていたさっきの赤い車の運転をしていた女。何者か意味深。大地真央だから、とにかく美人で怖そう。。

東京では日本医師倶楽部がお決まりの食事会を開催して豪華なディナーを食べながら、「いつから大学病院の医局が力をうしなった」だの、「昔は教授に逆らう者などいなかった」だのくだらない話をしている。会長の内神田景信(草刈正雄)は不気味な感じだ。

さっきの病院では手術続行中「相変わらずすごい腕です」って言う森本に「どっかで会ったっけ」と、大門未知子。やはりさっき全然聞いてなかったのね。「心膜切開する、剣状突起もちあげて、」とやはりおかまいなしに手術に集中する大門未知子。

女はやはりずっとみつめている。「終了。できるだけ早くも一回やるよ、ここじゃ救命処置が精一杯、もう一度しないと根治出来ない。」と言うと、いつもの術後と同じように患者の胸に手を当てて、出て行く大門未知子。

追いかけて「お疲れ様でした!」という森本にさっきの女が尋ねる。「彼女何者なの?」森本は「フリーランスの外科医です。」と言うと、女は「バイト・・?」と言って何か思惑ありげ。

その頃北海道知床では、東帝大学病院の前院長蛭間重勝(西田敏行)の嫁(藤真利子)が蛭間に、「ここに来ていちねん、昨日キタキツネがうちの庭先まで遊びに来ました。」と苦々しく言っている。

蛭間は花に水やりなんかしながら、「この前目が合いそうなところまで来たよ」なんてのんびり言うから、嫁は「もう退屈で退屈でどうかなりそうよ!!」とわめきだす。

蛭間は「もう大学病院の権力闘争には疲れ果てたから東京に戻る事はない」と言い放つ。が、嫁は真顔で「情けない!お金も権力もない蛭間なんてとんかつ以下よ」とかなんかしゃれたことを言う。これもアドリブなのかな・・

外の自然を見ながら「し~れ~と~こ~のみさきに~・・って歌いだす蛭間の声に歌が重なって、蛯名先生(遠藤憲一)が登場。「お迎えに参りました。」という海老名に、「本院は蛭間が必要と言ってるんだな!」とさっきの言葉と裏腹に「戻りますっ!!」と、叫ぶように蛭間。

東帝大学病院では査問委員会が開かれていて、蛭間は真ん中に座らされている。総合外科副部長、猪又孝(陣内孝則)から厳しい追及。「在任中、使いもしない手術器具を多数購入し、そのたびに業者から多額のわいろを受け取っていた、間違いないですね」

蛭間は海老名にわなにはめたのかとか聞いて、本題にはこたえようとしない。猪又はさらに追及すると、蛭間は「わたくしは北海道知床の分院に帰ります。お世話になりました」と言って立ち上がると、後ろから「お待ちください。東帝大学病院長の志村です」と近寄ってきたのは大地真央。やっぱりね。

「あなたには帰る場所はありません。知床の分院の院長は解任されました。真実をきちんと話してください。」ときっぱり言い放つが、蛭間は「東帝大学病院の院長時代に私利私欲など一切ない。全て病院の為だ、そうだろ、海老名君」と海老名先生にふるけど、海老名先生はあいまいに首を動かしてるだけ。

「言い訳はよしなさい!東帝大学病院の高い清廉性を取り戻すためにも責任は果たしてもらいます。」と言う。蛭間は「どんな責任だ」と言い、志村まどかとにらみ合っている。

「ただいまより志村病院長のそうかいしんです」とお決まりのフレーズが流れ、医者を引き連れて、志村院長が行列の先頭で歩いている。医者の中には、最初の僻地の病院の医者森本がいる。志村院長に戻してもらったと言っている。神風が吹いたと。大門先生が吹かしてくれましたと言って、

大門未知子は東帝大学病院に向かって歩いてきている。ものすごーくかっこよく!完璧なスタイルだから歩いてるだけの絵なんだけど、とにかく絵になる。

志村院長は全医者を前に、「すべての悪しき膿は出し切った今こそ大学病院の本来の目的、医師の教育、臨床及び基礎研究、高度な医療の提供、この三つの重要な役割を果たし、患者ファーストを実現しなければなりません」と演説している。

海老名先生が立ち上がって、スローガンみたいのを叫ぼうとすると、志村院長は「やめなさい」と落ち着いて言う。

入ってくる大門未知子。志村院長に、「この泥棒猫」「私の患者はどこ?」と唐突に言う。志村院長は「もう一度オペをするなら最新の医療機器が備わったこの病院のほうがいいと判断して、主治医を連れて転院させたの」

「主治医って?」と言う大門未知子に、森本が「僕です、僕、大門先生!」と手をあげると、大門未知子はきっぱり「オペはあんたじゃ無理」海老名先生が「大門久しぶりだな」と言うと「顔怖いよ」。鳥井高(段田安則)先生が「大門、久しぶりだな」と言うと、「あんただれ」。と取り付くシマもない。

「まったく行儀の悪い女だな。つまみ出せ。」と、猪又がものすごい形相で言うと、志村院長は「待ってください。大門さん、あなたをこの東帝大学病院で雇います。」海老名先生が「この女はフリーターですよ」と言うが、志村院長は「それがなにか?」と。

「私は実際に大門先生の見事なオペをみました。実力のある医者に肩書は関係ない」と言って「ようこそ」と手を出す志村院長の手を渋々握る大門未知子。

神原名医紹介所ではいつものように大門未知子と、神原晶(岸部一徳)、城之内博美(内田有紀)となんか知らない男4人でマージャン中。晶さんが「ミチコ、自分で契約とってくるなんて偉いじゃない」とほめると「ちゃんと契約書もらってサインもしてきた」と自慢げな大門未知子。

晶さんが契約書を見ると、報酬月300000円にびっくり!やす!!ってなって、城之内先生が「さすがマダムクリーンねー」って言う。「何?マダムクリーンって」とミチコが聞くと、

晶さんが「志村まどか、東帝大学医学部を首席で卒業し、コネも人脈もない完全に実力だけで東帝大学病院の院長にまで上り詰めた、その完璧な清廉さからマダムクリーンって言われてるの」

そのころ志村院長は院長室でパソコン業務をしているが、ついているテレビからは東帝大学病院の改革のニュースが流れている。キャスターの一色辰雄(升毅)は東帝大学病院の画期的な人事がどこまで自浄機能を果たすか注目だと言っている。

晶さんの志村院長紹介は続いている。「研修医時代は名だたる教授たちが愛人にしようとしのぎを削ったけど、誰も落とせなかったって噂」どっから流れる噂か知らないけど、晶さんが知らない情報ってないみたい。

城之内は患者そっちのけの椅子取りゲームもできないから、東帝大学病院の医局も変わるだろうと期待している。晶さんは「それはどうかしら、きれいすぎる川にさかなは育たないって言うわよ」と意味深。「とにかく契約は安すぎるから、私が行ってくるわ」と晶さんに言われても、ミチコはマージャンに夢中。

大門未知子の履歴書を見ている志村院長。入ってくる猪又副部長、「大門未知子の事でお話が、そもそもどこであの女と出会ったんですか?」と不満げだが「それが関係ありますか?実力があることがすべて」と言う志村院長。

おもむろに猪又は志村の机に厚みのある紙封筒にリボンがかかったものを置いて、「来週誕生日だと伺いましたので」

場面は変わって今週の術前カンファレンスを始めます。のシーン。「一例目は58歳男性、冠動脈瘤を合併した心筋梗、心タンポナーデを併発しています。」そこで大門未知子が手をあげて、「あたしの患者です」と言うと、

志村院長から思いがけない返事「執刀医はもう決まっています。ボストンハーバード大学ジャイケルマクソン教授」医者たちはざわつく。後ろのスクリーンにはマクソン教授がインターネットでつながっている。志村とはよく知った仲のようだ。

「アメリカの病院からインターネットを使って遠隔ロボットで太平洋横断テレサージェリー、世界初症例です」で一同拍手!志村は続けて「日本とアメリカが共同で行うこの最先端の医療プロジェクトは医者のいない離島やへき地でも最先端の医療技術を提供できるまさに患者ファーストの指針になる」

「あたしの患者、かってに決めんな、あんなロボット使わなくてもあたしなら完璧に切れるのに」と大門未知子が言うと若造やミチコを知らない医者は「ビッグマウス」とか、「昭和の発想」とか好きかって言い始める。

猪又は「今度こそこのメギツネをつまみだせ!!」と言うと、ミチコは涼しい顔で「お昼ご飯いってきます」と出ていってしまう。志村院長は猪又に昨日の分厚い封筒を渡して、「猪又先生これはお返しします。二度としないでください。」「御意も慎んでください。」と一刀両断。

とんかつ屋さんに来た大門未知子は満席で相席の人はあの有名キャスターキャスター一色辰雄。忙しくパソコン仕事をしていて、ミチコには目もくれないが、急に苦しみだして、椅子から転がり落ちて倒れる。ミチコはすぐに「頸動脈怒張、救急車呼んで!!」

病院では一色にミチコが「心臓の右心室に7センチ大の腫瘍がある。あんた自分の病気の事知ってた?オペしないと死ぬよ。私なら全部取ることができる。」と話すが一色は「どこの医者に見せても無理だと言われてきた。それならば最後の一瞬まで全力で仕事をしていたい。」と

「あんた結局はあきらめてるんだ。」と一色のほうに振り返ってじっと見つめて言う大門未知子。

志村に一色の入院を報告している猪又達。有名キャスターをこの病院で死なせるわけにはいかないという話に、志村もうなずく。すぐに退院させると言っていると、大門未知子が入ってきて、自分なら完璧にできると術式を言って見せる。

聞いていた志村は何か考えつく。「分かりました、やりましょう」で、ミチコがすぐに検査を始めてと言いかけると、「執刀医はマクソン教授にしてもらいます。」とくるよね、やっぱり。

結局僻地の運転手のオペはミチコに回ってきた。運転手はどうせ貧乏人の手術はバイトがするんだとぐずぐず言い出すが、ミチコは可愛らしく「あんたラッキーかもよ。あたしオペがうまいので。」

また日本医師倶楽部がまた豪華なレストランで会食中。志村院長も出席して、蛭間の査問委員会の報告書を内神田に渡した。内神田は「多くの世論が君を支持している、君はマスコミに愛されてるからね」と持ち上げるが、

志村は「先日皆さんがこちらで会食された支払いが東帝大学病院に回ってまいりました。」「大学病院の幹部クラスで形成されたこの日本医師倶楽部が全国の病院をコントロールする時代は終わらせないと、真の患者ファーストは望めません。」と切り捨てる。

「せっかくの肉をまずくする女ですよ。」と志村が出ていった後に残った医者たちはぐちぐち言っている。そこに登場は蛭間。「よかったら、きょうのだいぜんぶはらいますので、参加してもよろしいですか?」と卑屈な笑いで入ってくる。招き入れる内神田。わけわからん関係だな。

神原名医紹介所では晶さんが肉を焼きながら「太平洋を隔てて手術できちゃうなんてすごい時代ね、もう目の前の患者を自分の手で治す時代じゃないのかもね」と本心かどうかわからないけど言うと、ミチコが名言。「目の前の患者を自分で見て自分で触れることが大事なんじゃないの!?」

ミチコがオペ室に入るころ、ボストンハーバード医科大学病院と東帝大学病院をインターネットでつないだ、手術支援ロボット「コロンブス」を使った心臓腫瘍摘出遠隔手術が始まるところだ。

ミチコは自分のオペ室に入って驚く。助手として森本がいるだけだ。他の医者はみんなマクソン教授のオペを見に行っていると。お気に入りのロックンロールをかけてノリノリで手術を始めるマクソンにいちいちどよめくあほ医者たち。

ミチコのオペ室では森本がやらかす。癒着をはがすときに、血管を傷つけ、修復も雑なため出血多量に。手が足りないから誰かを呼びに行かせるミチコ。ミチコは動ぜず着々と手技を続行。

マクソンの遠隔手術室から、志村院長の命令で、原先生他2名の新人医師がミチコのオペ室に行かされる。新人たちはバイトのヘルプとかぶつぶつ言うし、原は寄り添ってきますとかうえからだし、本当に医者って意味わからんこと言うな。

ミチコは相変わらずてきぱきとオペを進めているとき、マクソンのオペではアクシデントが!血管から飛び散った血液がカメラを覆ってしまい、マクソンには全く見えない状況に。

どんどん貯留血液も減り、血圧も低下。志村院長はロボットをはずして開胸手術に切り替えなさいと決断、早く!!と。マクソンはカメラの向こうで「グッドラック」だって、なんだかな。。

「誰が執刀するんですか?」って城之内先生が聞くけど、いる外科医はみんな、無理だ無理だの譲り合い。そこに入ってきたのは志村院長。院長自ら執刀始める。

ミチコのオペ室では新米の医者たちがミチコの手術に驚いている、「なんだ、この手術は」「早すぎる」

志村の執刀も順調に見えたが、「血管修復終了。右心室を切開します。」しかし、腫瘍の浸潤範囲がおもったよりひどい。「オペを続けることが患者ファーストとは思いません。」と言われ、メスを置く。

そこに大門未知子が入ってくる「とじるな。」「全部取り切るよ。」反対する医者達にいつもの決めセリフ「わたし、失敗しないので」

スゴ技の数々で鮮やかに腫瘍摘出完了。その後の心臓修復も完璧。一同驚きつつ感嘆。無事に手術終了し、いつものように患者の胸に手を置いて、出ていく大門未知子に、志村院長は「ありがとう」と。

志村院長室には神原名医紹介所から晶さんが請求書を持参。¥20000000の請求書をみて、適正な請求書を持ってくるように言う志村院長。メロンも受け取らない。

晶さんは手術室で起こったこと、ミチコがいなかったらどうなっていたかを考えると高くないと、暗に脅しめいたことも言っていると、なんとここにも蛭間が入ってくる。

「請求建て替えましょうか」と言う蛭間に、志村は「ここはあなたが来るところじゃない」と言うが、蛭間が取り出したのは、なんと、志村院長と一色キャスターとの不倫の報道記事!愛人の治療を優先させたと、そこに記者たちもなだれ込んでくる。

晶さんはいつものようにスキップで出ていく。医局も騒がしい。

ミチコがおいしそうにとんかつ屋さんでとんかつをほおばっていると、隣には志村院長が。「あなたが彼を連れてこなければ、あたしたちの関係もばれなかったし、院長も続けれた」って、言う志村に、ミチコは「命救ったんだから、失敗じゃない」と言い放つ。

手術を渋っていた一色に手術を決意させたのはミチコの「私なら絶対大丈夫、失敗しないので」と言う言葉だったことを知って、志村も何となく納得でうなずく。

そこに乱入してきたのは一色の妻。殴られる志村。驚くミチコは逃げ出す。テレビでは一色が謝罪会見している。

東帝大学病院には院長として蛭間が着任。元の木阿弥で、「唯一無二」と言う東帝大学病院の応援歌をみんなで大合唱をしていると、晶さんとミチコが入ってくる。ミチコと契約したとの話で、ミチコの「勤務条件」が配布される。

「医師免許がなくても出来る仕事は一切致しません」と小気味がいい。

あーやっぱり小気味がいいわ!!でも、帰りに会った、内神田と晶さん、何かありそう・・。院長室では大門未知子をつぶせと蛭間。愛人の第一秘書も登場。第二秘書はロボットのソンタ君。

大門未知子を雇ったのは内神田の密命だったみたい。大門未知子を排除するためみたい。。

ドクターX5の全話あらすじはこちら

ドクターX全話あらすじ

見逃し配信動画を見る方法

  • 最新ドラマの回
  • 映画
  • マンガ
  • アニメ
  • アダルト

12万作品以上が見放題

見逃したドラマ以外にも色々見れるし、自宅で見れるからDVDレンタル行かなくてOK。

二週間無料お試しで使えるから、せっかくドラマの見逃し回を見るのなら、

他にも映画とか何でも見れちゃう『U-NEXT』を確認してみてね!!!

>> U-NEXTの無料登録方法はこちら